外資系のスタートアップ・ベンチャーって何?メリットとデメリット

日本でも話題になりつつある「スタートアップ企業」「ベンチャー企業」ですが、まずはその意味から説明したいと思います。

今までにない新ビジネスモデルの開発や構築を行うことが、スタートアップという言葉の定義となります。

つまり既にビジネスモデルが確立されている分野に進出する企業は、それが設立直後であってもスタートアップ企業とは言いません。

逆にベンチャー企業とは、設立から5年未満の中小企業を意味しています。

日本では各々を混同して捉えがちですが、細かく見れば内容が全く異なる会社となりますので注意してください。

ではスタートアップ・ベンチャーに就職するメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

【メリット】現在は主にIT業界がスタートアップ・ベンチャー企業に該当するため、設立間もない会社であっても著しい成長に期待できます。

よって会社の売り上げ次第では驚くほどの給与を得ることも可能です。

また少人数で会社を動かしていますので、組織化された会社と比べて働き甲斐もあります。

もちろん会社が軌道に乗り成長していけば、初期メンバーとしてそれなりのポジションにも就けるでしょう。

【デメリット】1つの失敗が会社倒産に繋がるリスクを抱えています。

つまり安定した雇用には期待できないと言えます。

特に外資系企業におけるスタートアップ・ベンチャーの場合、完全実力主義が徹底されているため、「役に立たない」「使えない」人間だと判断されればクビになります。

また会社規模が小さいため福利厚生も充実していないケースが多いです。

こうした事情がありますから、なるべくさまざまな求人をみて判断するとよいでしょう。
外周系専門の求人情報サイトもあるので、確認してみてはどうでしょうか。
参考→外資系求人情報のISSコンサルティング