メーカー

■メーカーと商社の違い
「メーカーと商社の違いを答えてください」と言われると、案外うまく説明できないものです。
メーカーは製品を作る業者、つまり製造業のことです。
対して商社は商品を海外から日本へ、日本から海外へ輸出入をしたり、国内で商品を販売する業務を担う企業であり、つまりは卸売業者を指します。
メーカーと小売店とをつなぐ役割を担うのが商社であるため、メーカーと商社は担っている事業が違います。
商品が製造されてから販売されるまでの流れを簡単に表すと、メーカー → 商社 → 小売店となります。

■外資系のメーカー
外資系のメイカーと一口に言っても、外資系食品メーカー、外資系化学メーカー、外資系機械メーカー、外資系製造メーカー、外資系総合メーカーなど企業によって業種が様々です。
外資系企業では自主性が求められるので、スキルアップやキャリアアップに積極的な方に向いています。
やりたい仕事や将来のビジョンを持っている方は、外資系メーカーも視野に入れて転職活動をされることをオススメします。

■外資系のメーカーが求める英語力
英語力が必須の求人もあれば、英語力は不要としている求人もあります。
応募条件に英語力を挙げている外資系メーカーでも部署や業務内容によって求める英語レベルが変わります。
英文事務の場合、英語での電話応対・メール応対が求められるので、TOEICのスコアは600以上が基準となります。
ビジネスレベルの英語力が応募条件である場合、英語でのコミュニケーション能力が必要とされます。
要求されるTOEICのスコアはもう一段階上がりますが、TOEICでは「聞く」と「読む」のみで測定されるため、ビジネスレベルでは「話す」と「書く」の2つの能力はTOEICのスコアでは測定できません。
ですので、企業がどのレベルの英語力を求めているかは、部署やポジション、業務内容から推測する必要があります。
入社してから英語が学べる企業もありますし、向上心があれば英語は上達します。