サービス

■外資系のサービス業
サービス業の業種は様々で、ホテル、フィットネスクラブ、ハウスクリーニング、宅配、ベビーシッター、カルチャースクール、デザイン業、テレマーケティングなど多岐にわたります。
外資系のサービス関係の仕事としては、まず最初にカスタマーサービス・カスタマーサポートを思いつく方も多いのではないでしょうか。
カスタマーサービスはお客さんからの商品やサービスの問い合わせの対応をする仕事で、外資系企業では海外のお客さんからの問い合わせの対応も必要となります。

■外資系のカスタマーサービス業で求められる英語力
海外からの問い合わせが多い企業では、英語力が必須条件となります。
日常会話レベルでも応募可能な求人も多いですが、できればビジネスレベルで話せるぐらいの英語力があることが望ましいです。
TOEICのスコアを目安にするなら、700以上は欲しいところです。
電話応対では身振り手振りや筆記でのコミュニケーションを補助できないので、相手の言葉をしっかりヒアリングする力と、お客さんが知りたいことをしっかり説明できるだけのスピーキング力が必要となります。
カスタマーサービスでは英語を「聞く」ことと、「話す」ことが必須であるため、ヒアリングとスピーキングに自信がある方に向いています。
入社時は日常会話レベルでも、努力次第でビジネスレベルまで向上することができますので、外資系企業に入社して英語力を身につけたい方も積極的にチャレンジしてみましょう。
電話応対は英語の問い合わせだけではないので、正しい日本語での対応力も求められます。
応募前に正しい敬語を身につけておく方が良いでしょう。
パソコンのレベルはExcel、Wordを使える程度であれば応募できます。
メール対応もすることが多いので、読み書きも得意であれば尚良いです。
言語能力は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つで測定されるので、どんどん英語を聞いて、話して、読んで、書いて英語力をアップさせましょう。