外資系求人サイト・転職エージェント比較

外資系企業の役職・肩書は状況に応じて変化する?

日系企業に就職する場合、役職や肩書きは「課長」「部長」「●●リーダー」などと慣習的なものしかありません。しかし外資系企業の場合には会社規模や国、業種によっても、名称が変化しますので注意が必要です。特に転職活動を行う人の多くは、これまでの実績や経験を生かして役職持ちを希望しているケースも珍しくありません。一定の役職に就く転職を予定しているのであれば、「Branch Manager」「Section Manager」の違いなどポジションの名称について細かく調べておくと良いです。ちなみに前者は「支店長」、後者は「課長」という意味を有しています。他にも事業部長は「General Manager」「Vice President」と呼ばれていますが、場合によっては「Manager」の一言で表現することもあります。部長は「Division Manger」、エリア統括長は「Regional Manager」、係長は「Senior Staff」が一般的です。ただし業種によっては同じ英語表記であっても、役職の優劣(立場)が逆の場合も考えられます。外資系企業に勤務していたことがある人でも、業種や会社の属する国が違えば呼び名も変わりますので、外資転職サイトなどを上手に利用したほうが良いです。外資転職サイトでは専門のスタッフが求人案件を紹介してくれますので、どういった肩書きなのかも事前に確認することが出来ます。配属部署や肩書きでミスを犯さないためにも、不安があれば相談できるパートナーを転職サイトで見つけましょう。

最新記事